YUTAの撮影日記

休みの日は踊ってます

山スカmemories その5 「冬」・「その他」

最後は「冬」の写真です。

が、あまり“らしい”写真を収めていないので、「その他」とまとめました。



冬場は、雪でも降らない限り他シーズンに比べると景色的に殺風景・・・。
ですが、空気が澄み渡るので、遠くの山々を絡めたり、俯瞰など遠景写真を撮るには持って来いの季節。
また編成写真を撮るのに向いてるのもこの季節と言えよう。

そんな殺風景な冬の寂しさをどう調理するか。それもまた楽しかった。

DPP_3461.jpg

DPP_3460.jpg
W2にM40中間車を組み込んでの廃車回送。



天気予報で「雪マーク」且つ「積雪の恐れ」なんて聞くと、もう居ても立っても居られない。

雪景色・・・妄想は膨らむ。



しかし、求めるのは木々に着雪したクリスマスツリー状態で雪晴れという最強条件。
だが、そんな条件が揃うのは沿線ではシーズンに1回あるかないかだったと思う。
「クリスマツツリー+晴れ」で撮りたい所は沢山あったが、風の強さや向き、雪の質が揃っての木々への着雪、そして晴れ・・・様々な条件が重ならないと見る事が出来なかった。

DPP_3458.jpg



「その他」
スナップ等がメインです。

DPP_3478.jpg
茅ヶ崎公開へ来た時の一コマ。

DPP_3479.jpg
翌日は団臨運用で東海道路を。悲鳴が上がった・・・。

DPP_3480.jpg
訓練車だったW2編成。なかなか撮るチャンスに恵まれなかった。



定期運用の中に河口湖往復があり、大月駅ではその分割併合が見る事が出来た。
山スカ名物の一つ。

DPP_3462.jpg

DPP_3463.jpg

DPP_3464.jpg

DPP_3465.jpg
今日もお疲れ。

DPP_3466.jpg

DPP_3470.jpg

DPP_3469.jpg

DPP_3481.jpg
花火臨で甲府まで入線した新潟の湘南色と顔合わせ。

DPP_3482.jpg
ばんもの入線で沿線がフィーバー。

DPP_3472.jpg

DPP_3471.jpg

DPP_3476.jpg

DPP_3477.jpg

DPP_3468.jpg
月とのカットも割と撮ったかな?運転士と月の事で雑談したのが思い出深いカット。

DPP_3474.jpg
日常。

DPP_3475.jpg
バカ計画。非鉄の方々から普通にオシャレなバイクと言われるので、バカではあったがやってよかった。

DPP_3483.jpg
定期運用最終日。そしてこの運命の日にデビューとなったGUあずさ色。
離合を狙ってみたがホントの記録写真となってしまった。




中央本線の山スカに絞ればおよそ4年であったろうか・・・
数々の情景と思い出が刻み込まれてきた。

正直もっと撮りたいシーンはあった。
でも、自分の出来る範囲での行動力にはよくやったと褒めたい。好きで撮ってて本当に楽しかった。



今年の春先、長野車の115系C1編成がスカ色になった。
色が濃かったり、R部分がきつかったり・・・と残念な部分があるが、本家山スカではカバー出来なかった情景が見れているので悪くはない。

長野車も離脱が進んでいるので先が見えているC1でもまだ撮りたいシーンはいくつかあるが、本家がなくなった今、スイッチが入らないのが現状である。

そして氏がこの現状をボヤく。

「抜け殻だ・・・」と。ホントその通りである。



山スカにはまだ、さよならイベントと長野までの帰りのきっぷがない片道きっぷが残されている。

近々来たる本当の最期の時。

少しでも多くその雄姿を目に焼き付けたいと思う。

DPP_3459.jpg

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/28(日) 20:38:57|
  2. 中央本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山スカmemories その4 「秋」

田んぼの稲が頭を垂れ、黄金色に色付いてくると秋が迫ってきたなと感じます。

秋深まる前に田んぼが見せてくれる素敵なシーズン。

DPP_3447.jpg

DPP_3451.jpg

トンボやコスモスだって秋を彩る役者さんです。

DPP_3448.jpg

DPP_3449.jpg



稲の収穫も終わると大体月日は10月前後ということが多かった沿線。
この頃はいつも休息期間に充て出撃回数は減少していた印象です。



なぜなら・・・

そう次にやってくるのが鬼の“紅葉”シーズンの到来。

忙しくも辛く、疲労困憊な身体に鞭を打ちながら・・・でも美しい紅葉を求めて・・・
標高差がある沿線では、週ごとに色付きのピークが違い、また年ごとに葉の色付きも変化するので、より良い紅葉を求めて毎年行かねばならない義務であった。

DPP_3450.jpg

DPP_3452.jpg

DPP_3453.jpg
多くの山にも登りました。



紅葉も終盤に差し掛かった頃、柿や銀杏、もみじ、などといった所謂スナップカットが欲しくて沿線に足を運びましたが、ロケハンしてもなかなかコレといった場所も見つからず、四苦八苦しました。
単にロケハン力不足だったのかもしれませんが。

DPP_3454.jpg

DPP_3455.jpg

DPP_3456.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/25(木) 17:25:14|
  2. 山スカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リバイバル富士

カッコ良過ぎた。

DPP_3429.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/19(金) 21:29:54|
  2. 東海道本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

試運転

久しぶりにブルトレを撮りました。

やっぱ地元だといいもんですね~試運転ながら点いてた車内灯が最高でした。



・・・でも写真は、、、ダメよ~ダメダメ!

DPP_3425.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/17(水) 09:51:24|
  2. 東海道本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山スカmemories その3 「夏」

「夏」
個人的には暑いのが苦手なので一番嫌いな季節です。

ですが、夏本番を迎える前、木々が芽吹き始め、田圃に水が入り始める頃の季節は、四季の中でも上位に入るくらい好きな情景です。
恐らくですが、紅葉と並んでよく通ったシーズンではないかと思います。

山スカが走る中央本線は、そんな情景に富んだ路線でした。



紅葉シーズンに賑わいを見せるこの場所も、新緑の時は同業者に会う事も殆どなく。

DPP_3414.jpg

DPP_3413.jpg

DPP_3415.jpg

この季節に富士山がよく見えると、俄然ヤル気が出ましたね。

DPP_3417.jpg

DPP_3418.jpg
月がアクセント。

DPP_3416.jpg



この木々が日々青さを増していく頃、ほぼ同時に田圃も動き始める。

田圃付近を訪れると、農家の方と談笑することも多く、地域の方と触れ合いながら撮影するのはとても有意義な時間であった。
水を入れる時期や、稲を植える時期を教えて頂いたり、はたまたお茶を頂いたり・・・どれも良き思い出である。

DPP_3422.jpg

DPP_3419.jpg

DPP_3420.jpg

「鯉のぼりと水鏡」という無謀とも言えるコラボに挑戦した日々も懐かしい。

DPP_760_2014121421110480c.jpg



夏本番を迎えると暑さに負け弱る日々・・・。
ひまわりや入道雲など「THE・夏!」を感じられるような写真が殆ど撮れなかったのは今となっては後悔である。

それでも夏の夜空を彩る花火もあり、

「そうだ、浴衣!」

と、浴衣と撮りたくて花火に合わせ沿線に通い詰めた日々。

今思えば、人物スナップに本気で取り組もうとしたターニングポイントであったかもしれない。



何人もの子に声を掛けモデルになってもらい、沢山撮影した。
しかし満足出来るコマはなかなか手に入れられず、人物スナップの難しさを痛感した一夏であった。
でも失敗から学ぶことはある。最後の最後には満足出来るコマを手に入れる事が出来た。

初声掛けで撮らせてもらった第一歩をここでは紹介しておきます。

DPP_3423.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/14(日) 21:44:16|
  2. 山スカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山スカmemories その2 「春」

当時、ゆとりや浪漫などまだJT客車が残る頃にその“ピン電”として撮影していた山スカ。
ネタ鉄ゆえに季節感もへったくれもない写真を量産していました。

月日は流れ、四季の中を走る鉄道を撮り覚え始めた中で見た、紅葉の四方津俯瞰を行く山スカの写真。

「かっこいい!」

理由はただそれだけ。今思えば私が山スカを追うキッカケはそこにあったのではないかと思います。

そして耳に入る噂話。
「どうやら山スカの引退が2年後らしい」
当時2009年。その説によると2011年には置き換わってしまうとの事だ。

「何事も早めが肝心」
翌春から少しずつ中央通いが始まることとなった。



初めて“山スカ”に熱を入れて目を向けたのは、知り合いから教わった桜満開の勝沼ぶどう郷の駅先。
午後、唯一6連で小淵沢からやってくる上り列車が狙いだ。
が、この業界の掟、来る曇るにやられ撃沈・・・翌年リベンジを誓うも運用が変更され叶わぬ夢となってしまった。

とは言うものの「甚六桜」をはじめとし、中央本線の中でも恐らくNO.1であろう勝沼周辺の桜並木。
桜の開花状況や、花の咲き具合、色付き具合、そして休みと天気。
そしてアングルがごまんとあるので、毎年行っても飽きがやってくることはなかった。

DPP_3405.jpg

朝一番は、線路際で構えるのがいつものお決まり。

DPP_3406.jpg

DPP_3407.jpg

勝沼以外にも、沿線に目を向ければ桜と撮れるポイントは結構点在していたと思う。

DPP_3408.jpg

DPP_3409.jpg



桜が終わると、山梨桃源郷、桃の季節が始まる。

メジャーである新府~穴山間は、山スカを撮り始めて直ぐに白昼の運用がなくなってしまったので、朝夕と僅かな時間に狙うことしか出来なかった。

DPP_3410.jpg

DPP_3411.jpg

富士急行線内のハート型の芝桜。
来る列車来る列車、徐行して走っていたのが印象的。

DPP_3412.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/13(土) 00:51:02|
  2. 山スカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山スカmemories その1 「ホリデー快速鎌倉号」

初めて“山スカ”と呼ばれる車両を撮ったのは、2006年10月に地元、東海道本線へやってきた団臨であった。
当時は「ネタ」として手堅く近所で撮影。今だったら間違いなく発狂しているだろう。

それから暫く山スカとは無縁の生活であったが、とある日先輩鉄から聞く。「ホリ快はいつなくなってもおかしくないから撮っとけ」
ホリ快とは「ホリデー快速鎌倉号」の事である。山スカの中でも波動用として活躍していた115系M40が担当していた。
この時既に大型連休など集客が見込める時期にピンポイントの運転と、年々運転日が縮小傾向にあった。

「よし、撮ってみるか」
2009年正月、新年初鉄を兼ねて鎌倉を訪れた。

DPP_3069.jpg

大晦日~正月三が日の鎌倉市街は、初詣に訪れる参拝客の為に交通規制が敷かれる。

DPP_3071.jpg

建長寺周辺は史跡を含め、色々と楽しませてくれた。

DPP_3072.jpg

DPP_3070.jpg

毎年、運転日は縮小されていったが、なんだかんだでM40による運転があったホリ快。
ところが2012年の夏を最後にその役目を183系へ譲ることになる。

「遂に終わったか・・・」

そう思っていたが、2013年夏、突如復活を告げる。しかもこの夏の運転を持って正式にホリデー快速鎌倉号から引退であると。



午後の送り込み回送の定番である鶴見川も間際になって駆け込み撮影。

DPP_3073.jpg

鎌倉という近場に“山スカ”が見ることが出来た「ホリデー快速鎌倉号」
どっぷりとその「山スカ沼」に嵌っていた訳ではないので、今思えばもっと通っておけば良かったな、四季も、スナップも、鎌倉らしさも・・・ですが、終わりなんてありません。後悔は付きものでしょうね。

115系M40編成によるホリデー快速鎌倉号。地元民としてそれなりに楽しませてもらいました。

DPP_3074.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/07(日) 22:18:35|
  2. 山スカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定期運用最終日

山スカ定期運用最終日・・・遂にその時が来てしましました。

約4年前、比較的自宅から近くロケーションも良い中央線で撮れる国鉄型の山スカ。
魅力的な被写体だなぁ・・・そんな軽い気持ちで撮り始めたと思います。

最初は季節毎・・・桜、新緑、紅葉など要所要所で通う内に、どんどんその沼に引き込まれ・・・。
多くの方と知り合い、数々の情景に出会い、どれも良き思い出です。

そんな愛着が湧いた車両の引退となると、どこか心にぽっかりと穴が空いたような心境です・・・。



2014年12月6日、最終定期運用542M。
特にセレモニーなどの華もなく、普段通りの日常でその生涯に幕を閉じました。39年間お疲れさま。

DPP_2588.jpg
[定期運用最終日]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/06(土) 19:56:48|
  2. 山スカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終了

最後の紅葉が終わりました。

約一ヶ月間、無理のしっ放しでしたが、身体も壊さずよく通い続けたと思います。ケガは・・・毎度してた印象です(苦笑)

悔いがないと言ったら嘘になりますが、個人的に最大の宿題箇所は満点条件で撮れたので満足かな。

残された期間は僅かですが、もうあとは息抜きでスナップしながらのんびり乗り鉄でもしたいですね。

DPP_2587.jpg

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/02(火) 21:34:31|
  2. 中央本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

YUTA

Author:YUTA
住居:神奈川県湘南地区
若手の湘南ボーイ

~近況~
マドリー
山スカと///
大原櫻子
が最近のベクトル

訪問者人数

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

お世話になっているサイトの方々です。 相互リンク受付は、一番下のメールフォームからの受付です。

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

メールフォーム

ご意見、ご感想、相互リンク受付等はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: