YUTAの撮影日記

休みの日は踊ってます

山スカmemories その2 「春」

当時、ゆとりや浪漫などまだJT客車が残る頃にその“ピン電”として撮影していた山スカ。
ネタ鉄ゆえに季節感もへったくれもない写真を量産していました。

月日は流れ、四季の中を走る鉄道を撮り覚え始めた中で見た、紅葉の四方津俯瞰を行く山スカの写真。

「かっこいい!」

理由はただそれだけ。今思えば私が山スカを追うキッカケはそこにあったのではないかと思います。

そして耳に入る噂話。
「どうやら山スカの引退が2年後らしい」
当時2009年。その説によると2011年には置き換わってしまうとの事だ。

「何事も早めが肝心」
翌春から少しずつ中央通いが始まることとなった。



初めて“山スカ”に熱を入れて目を向けたのは、知り合いから教わった桜満開の勝沼ぶどう郷の駅先。
午後、唯一6連で小淵沢からやってくる上り列車が狙いだ。
が、この業界の掟、来る曇るにやられ撃沈・・・翌年リベンジを誓うも運用が変更され叶わぬ夢となってしまった。

とは言うものの「甚六桜」をはじめとし、中央本線の中でも恐らくNO.1であろう勝沼周辺の桜並木。
桜の開花状況や、花の咲き具合、色付き具合、そして休みと天気。
そしてアングルがごまんとあるので、毎年行っても飽きがやってくることはなかった。

DPP_3405.jpg

朝一番は、線路際で構えるのがいつものお決まり。

DPP_3406.jpg

DPP_3407.jpg

勝沼以外にも、沿線に目を向ければ桜と撮れるポイントは結構点在していたと思う。

DPP_3408.jpg

DPP_3409.jpg



桜が終わると、山梨桃源郷、桃の季節が始まる。

メジャーである新府~穴山間は、山スカを撮り始めて直ぐに白昼の運用がなくなってしまったので、朝夕と僅かな時間に狙うことしか出来なかった。

DPP_3410.jpg

DPP_3411.jpg

富士急行線内のハート型の芝桜。
来る列車来る列車、徐行して走っていたのが印象的。

DPP_3412.jpg

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/13(土) 00:51:02|
  2. 山スカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山スカmemories その3 「夏」 | ホーム | 山スカmemories その1 「ホリデー快速鎌倉号」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://birdandtrain.blog31.fc2.com/tb.php/107-90d72861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YUTA

Author:YUTA
住居:神奈川県湘南地区
若手の湘南ボーイ

~近況~
マドリー
山スカと///
大原櫻子
が最近のベクトル

訪問者人数

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

お世話になっているサイトの方々です。 相互リンク受付は、一番下のメールフォームからの受付です。

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

メールフォーム

ご意見、ご感想、相互リンク受付等はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: